生産者紹介

ホーム>生産者紹介>ニュージーランド>アストロラーベ

アストロラーベ
Astrolabe

印刷

ニュージーランドから世界へ「冒険の航海を続ける」マールボロの実力派ワイナリー

「アストロラーベ」は1996年にサイモン・ワグホーン(オーナー/ワインメーカー)を中心に、妻のジェーン・フォレスト、古くからの友人らと共に設立されました。その後ジェイソン・ヤンクがチームに加わり、マネージング・ディレクターとして「アストロラーベ」を支えています。サイモンはオーストラリアのローズウォーシー・カレッジでぶどう栽培とワイン醸造の学位を取得、1988年からギズボーンのコーバンズでチーフワインメーカーを務め、1995年にはマールボロのホワイトヘヴンの設立に携わりました。しかし自分のワイナリーを持ちたいと常々考えていた彼は、翌年かつて19世紀初頭にマールボロの海岸にやって来たフランス船の名前であり、「天体観測儀」を意味する「アストロラーベ」という名前を冠したブランドを立ち上げました。これには「優れたワインを生み出すために常に冒険と新たな発見をし続けたい」という彼の思いが込められています。スタートしてしばらくはラベル無しのワインを少量生産し国内のレストランに販売していましたが、次第にそのワインの質の高さが口コミで広がり、2001年からは独立系の小売店で「アストロラーベ」のラベルを貼ったワインの販売が始まり、ワイン愛好家たちから熱狂的な人気を集めました。その後イギリスへの輸出も始まり、年々その人気が高まっています。

アストロラーベ・ファーム・ヴィンヤード / オーナー夫妻

現在彼らはマールボロ各地にある17ヶ所の畑のぶどうからワインを造ります。自社畑(アストロラーベ・ファーム)はワイラウ・ヴァレーに広がる8ヘクタールのみですが、それ以外は東部のアワテレや南部のケケレングを中心に、マールボロ各地にある彼らの友人であり信頼を寄せるパートナー農家のぶどうを使っています。そして彼らのモットーである「ワインに果物の風味をそのまま反映させる」ため、各々の畑のぶどうは最高の状態にあるのを見極めた上で収穫され、その味わいを引き出すために丁寧に醸造されます。彼らの生産量の80%を占めるソーヴィニヨン・ブランは、典型的なグーズベリーやシトラスのフレーヴァーを持ち、さらにアワテレやケケレングのものは強烈なハーブやミネラルのニュアンスを持ちます。ニュージーランドを代表するワイン評論家のボブ・キャンベルは「アストロラーベは紛うことなくニュージーランド産ソーヴィニヨン・ブランの造り手の頂点に立つワイナリーである」と高く評価しています。またシャルドネはすべて手摘収穫、オーク樽での発酵、熟成という贅沢なもので、その味わいは「まさにニュージーランド産シャルドネの最高峰」と評価されています。

天体観測儀 / フランス船

最近では、米国の権威あるワイン専門誌「ワイン・スペクテーター」によるTOP100に2年連続で選ばれ(2012年度:マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン2011 59位/91pt、2013年度:マールボロ ピノ・ノワール 2010 60位/92pt)、「2年連続で異なる品種で入選したことは、アストロラーベのワインが高品質であり、マールボロが冷涼気候ぶどうの栽培に適した産地だと証明している」とサイモンは述べています。また、英国のワイン専門誌「デキャンタ」では、マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン2013が91ptを獲得するなど、マールボロを代表する生産者として、最高のチーム、パートナーと共に、サイモンは新たなステージに向けて舵を取り続けています。