生産者紹介

ホーム>生産者紹介>ニュージーランド>クーパーズ・クリーク

クーパーズ・クリーク
Cooper's Creek

印刷

気軽に楽しめるハイクオリティなワインを生み出す名手

ニュージーランド/オークランド

クーパーズ・クリーク・ワイナリーはオークランドの北西およそ35kmのフアパイとクメウのワイン生産地区の中心にあります。そこは伝統に満ちあふれ、またニュージーランドで最も古いぶどうの樹の一部が植えられている場所です。ここに、アンドリューとシンシア・ヘンドリー夫妻が、ぶどうの個性を引き出すニュージーランドの冷涼な栽培環境を反映した、主に辛口のスタイルの最高品質のワインを生産する目的で、1980年にクーパーズ・クリーク・ワイナリーを設立しました。
元々ワイン業界で働いていたアンドリューとパテの製造販売ビジネスでの成功経験を持つシンシアは独特のビジネスセンスで当初から彼らのメインマーケットを国内よりむしろ海外に求めました。1982年に初めてのワインをリリースした後、彼らはぶどう畑の拡大や生産設備の増強、そして積極的な外国市場へのアプローチを行ないました。そして現在は自身のワイナリーを率いるキム・クロフォードがワインメーカーに就任した80年代半ば以降、彼らのワインはイギリス、アメリカを始めとする海外のマーケットでその評価を急速に高め、輸出量も急増。 ピーク時にはワイン生産量および出荷量が年7万ケースの割合で増加し、輸出比率は60%に上りました。 こうした輸出への努力が評価され、1997年にはニュージーランド政府より輸出に関する特別表彰を受けています。
現在、彼らのワインは世界のおよそ20ヶ国以上に輸出されています。

ワインメーカー サイモン・ナンズ氏

現在のワインメーカー、サイモン・ナンズは、キム・クロフォードの後任として1998年に就任しました。彼はニュージーランドの農学の名門、リンカーン大学で栽培学と醸造学の学位を取得し、優秀な成績によって『ジェイソン・ウインター特別賞』の初代受賞者となって卒業しました。 その後オレゴンとボルドーのワイナリーでワイン造りに携わりました。 彼が手掛けた最初のヴィンテージは、クーパーズ・クリーク最良のものの一つと評されその手腕の確かさが証明されました。 現在彼は「香りの魔術師」の異名をもち、彼が手掛けるクーパーズ・クリークのワインは国内外のワインコンテストで常に高い評価を集め、数多くのトロフィーを獲得しています。その一方でその確かなテイスティング能力を買われてワインコンテストの審査員としても活躍しています。

ポリシー

「ぶどうを、常にその最良のものが得られる場所で育てる」これが彼らのポリシーです。
現在、彼らはフアパイの他、ホークス・ベイなどにぶどう畑を所有し、またギズボーンとマールボロの栽培農家と長期契約を結んでいます。 それらの畑では実に13種類以上ぶどうが育てられており、バラエティ豊かなワインが造られています。 栽培する品種は今後さらに増やす予定です。サイモンは言います。 「今我々はイタリア原産のアルネイスというぶどうを手掛けていますが、これは栽培するのもワインにするのも難しい品種です。でも、新しい品種に挑戦する事は私にとって常にエキサイティングです。 私はこの仕事を楽しんでいますが、私のワインを飲む皆さんにも同じように楽しんで欲しい。 それが、新しいものを造り出す上で大切な事だと思います。」
彼らのラインナップの頂点に位置するスワンプ・リザーブ・シャルドネは、ホークス・ベイの畑のぶどうから造る熟した柑橘類のニュアンスを持ったフルボディの白ワインです。 ニュージーランドの権威あるグルメ雑誌「キュイジーヌ・マガジン」で全ニュージーランド産シャルドネ中2位にランクされ、また数多くのメダルやトロフィーを獲得した伝説のワインです。 そしてサイモンのおすすめがヴィオニエです。アプリコットや花のニュアンスを持ち、その目もくらむような風味とアロマを引き出すためにはぶどうの収穫をぎりぎりまで遅らせることが要求され、サイモンはこのぶどうがワインメーカー達にとって「恐怖の」品種だと言います。 「私はヴィオニエがソーヴィニヨン・ブランに取って代わるとは思いませんが、常に新しいものを捜し求める愛好家の皆さんには何かを感じ取ってもらえると思います。」
彼が言う通り、常に新しいぶどうに挑戦を続けるクーパーズ・クリークのワイン達は、飲む人をワクワクさせる「何か」を持っています。

ワイナリー内ヴィンヤード / セラードアー