生産者紹介

ホーム>生産者紹介>ニュージーランド>ミーシャズ・ヴィンヤード

ミーシャズ・ヴィンヤード
Misha's Vineyard

印刷

限りない可能性を秘めた、セントラル・オタゴの新星

物語の始まりは15年程前にさかのぼります。シンガポールで、それぞれ世界的なIT企業の一線で活躍していたアンディとミーシャのウイルキンソン夫妻には、長年の夢がありました。
「いつか自分たちでワインを造りたい」彼らは休暇のたびに世界中のワイン産地を訪ね、ぶどう栽培やワイン醸造について多くの事を学びました。そして2001年、彼らはついにワイン造りに取り組む決意をしました。冷涼な土地でエレガントなピノ・ノワールを造りたいと考えていた彼らには、畑の場所はセントラル・オタゴ以外に思い浮かびませんでした。2年間にわたってセントラル・オタゴ中をくまなく探し回り、彼らは最高の場所を見つけました – ベンディゴ・ステーションにある、ダンスタン湖を望む急峻な斜面 – 100年以上も前、そこがゴールド・ラッシュに沸いた頃の遺構が残る場所は、その時から彼らにとって新たな「黄金」を生み出す場所になったのです。

オーナー夫妻

彼らはまたスタッフの人選にもこだわりました。栽培責任者にはコーバンズを始め多くのワイナリーで活躍したロビン・ダイシーを、そして醸造責任者にはアタ・ランギで活躍していたオリー・マスターズを迎え、万全の体制でスタートしました。2004年には最初の10haの畑にピノ・ノワールが植えられました。UCD5、115、666、777など、畑の土壌に合ったクローンが注意深く選ばれました。その後2005年には12ヘクタール、2007年には4ヘクタールの畑が新たに拓かれ、ピノ・グリ、リースリング、ゲヴリュツトラミナー、ソーヴィニヨンブランなどの白ぶどうも新たに植えられました。畑は今後も拡張される予定です。

ヴィンヤード

畑での作業は、全て手で行なわれます。 最高のぶどうを得るために剪定や間伐が頻繁に行なわれ、1ヘクタール当りの収量は4トン以下に抑えられます。また、厳しいオタゴの気候からぶどうを守るための様々なアイディアが畑のスペシャリストであるロビンによって考案され、実践されています。こうして育てられ、収穫されたぶどうは超一流の醸造家であり、また多くのワインコンテストで審査員を務めるオリーの「思慮深い」手法によって、素材の良さを生かした、エレガントでアロマティックなワインに生まれ変わるのです。
2008年が初リリースとなった彼らのワインは、多くのワインジャーナリスト達などから注目を集め、早くも高い評価を得ています。ニュージーランドの「マスター・オブ・ワイン」、ボブ・キャンベルは「ドレス・サークル」ピノ・グリ2008に95ポイントを与え、「ザ・ギャラリー」ゲヴリュツトラミナーはエア・ニュージーランド・アワードでゴールドメダルを獲得しました。
彼らは言います「ここまで長い旅だった。だがワイン造りに関して言えば、まだ始まったばかりだ」と。
彼らのあくなき挑戦は、まだまだ続きます。