生産者紹介

ホーム>生産者紹介>南アフリカ>ネイピア・ヴィンヤーズ

ネイピア・ヴィンヤーズ
Napier Vineyards

印刷

世界最高のものと肩を並べるプレミアムワインを造る事、それはすなわちネイピアが横たわる小さな渓谷のテロワールを反映させる事。この哲学に沿って、ネイピアではすべてのぶどうは人の手だけで管理され、人の手だけで収穫され、人の手だけでワインになります。

1989年実業家のマイケル・ラウブサー氏によりケープタウンの北東、パールに近いウェリントンに誕生。協同組合の畑だった土地の高い潜在能力に目を向け、ぶどうを半野生種のシュナン・ブランを残して全てカベルネ、メルロー、シャルドネなどに植替え、チーフワインメーカーのレオン・ベスターを中心にフレンチスタイルのクラシックな高品質ワインを造っています。40haの畑はすべて人の手だけで管理・収穫が行われ、「人の力を感じるワイン」と漫画「神の雫」でも紹介されました。ワインはぶどうの区画ごとに醸造、温度調節可能な冷蔵室と貯蔵庫で保管。初ヴィンテージの1994年以降、毎年品質の向上を続け、特にボルドースタイルのフラッグシップワイン「レッド・メダリオン」をイギリスのマスター・オブ・ワイン アンドリュー・ジェフォード氏が「ケープタウンのラトゥール」と絶賛、「神の雫」でも2度にわたって取り上げられています。現在では世界23カ国で高い評価と人気を得ており、香港・中国のシャングリ・ラ・ホテルでも各種ワインが採用されています。